緊急時には・・・。

皆さん、非常ベルの音を聞いたことがありますか?

脳みそまで響くような大音量で、「危険を知らせてくれる」けれど、「正常な判断力」を鈍らせてしまいます。

入居されている皆さんも、おそらく「何かわからないけれど非常事態だ」と焦り、不安になります。

そんな時職員がしっかりとした口調で「大丈夫ですよ、ちゃんと誘導します」と伝えられるかどうか。

基本、福祉施設には厳しい防火基準があり、火事が出れば(建物内であれば)スプリンクラーで消し止められるような設備になっています。パニック状態に陥ることが一番危険ですので、火災報知器がなったら次のことを念頭に臨機応変に対応することです。

①火元の確認

②火元の場所を閉める

③外に近いところに移動

④煙を吸わせない

⑤消防車は平均6分で到着