ずっとずっとやってきたこと

体はしっかり覚えていますね。

職員が「この包丁切れない切れない」とこぼしていたら、

「私がやろうか」と入居者様が包丁を研いでくださいました。

「危険だから」「怪我でもしたら」って躊躇してしまうことかもしれません。

でも大事なことは「ご本人様の気持ち」

私たちの仕事は、やめる理由を探すのではなく「できる方法を探すこと」

ちゃんと安全を確保すること。

守るべきことを守っていろんなことにチャレンジ!